世界はLoveであふれてる

地方民のゆるーいジャニヲタの独り言です

SMAPが思い出になる前に

ついにこの日が来てしまったのかと思うと正直胸が痛いです。私のSMAPを初めて知ったのは慎吾ママがやっていた頃です。サタスマを幼いながら見ていて、(母がファンだったのが大きかった)好きでした。外出するたび母の車の中ではSMAPのアルバムがよくかかっていて、アルバムのsample bang(僕の太陽やクイズの女王?)が今でも鮮明に覚えています。それから私はずっとスマスマを見ていた。中居くんのテロテアリーナや、慎吾くんのカツケンサンバ。木村くんのギャル店員しのぶちゃん。吾郎ちゃんのきゃりーぱみゅぱみゅに対抗心をもつごりーばみゅぱみゅ、つよぽんの(すごく最近ですが)コップのツヨコさん。他にもすごくすごく大好きです。コントをしているみんなは本当に面白くて格好よかった。コントをひたすら見続けたこともありました。セブンイレブンが毎年冬頃にコラボしてた料理を買って少し高いなと思いながら食べたりしていました。初めてライブに行けたことは今でも覚えています。Mr.Sを歌うみなさんが本当に格好よくて、幸せがドームの空間を全部覆いつくしていて、「ああ…これが本当のエンターテイメントなんだ。」としみじみ感じました。カラフルでまぶしいペンライトの波。テレビとは違い、木村くんがまとめるライブのMC。つよぽん進撃の巨人みたいなコント。みんなで作る4時間ほどのライブが本当にあっというまでした。これが最後のライブになるなんて思ってもいませんでした。テレビやネットのニュースを見るたび不安になりました。安心したのも束の間でした。8月のとある夜。母と一緒に泣きました。なかなか寝れませんでした。未だに信じられないです。だけど、SMAPの曲はキラキラとしていて、わくわくさせる魔法だと思ってます。いつか全て許せる日がきて、五人で笑いあって、幸せそうな姿をまた見せてください。何年でも待っています。SMAPがいてくれてよかったです。大好きです。感謝し切れないほどSMAPの曲に励ましてもらいました。ありがとう。これからも私は大好きです、SMAP